改正 平成25年1月20日

オール枚方ボーイズ会則

第1章   総 則

第1条  本チームは、オール枚方ボーイズと称する。

第2条    本チームの事務所は、原則として代表宅に置く。

第3条  本チームは、日本少年野球連盟に加盟し、その目的と指示に従う。

  第2章   目的及び事業

第4条  本チームは、硬式野球を愛好する少年に正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて
          心身の錬磨とスポーツマンシップを理解させる事に努め、規律を重んじる
          明朗な社会人としての基礎を養成し次代を担う少年の健全な育成を図ることを
          目的とする。

第5条  前条の目的を達成する為、次の事業を行う。

     a 硬式野球の指導

     b 連盟主催大会への参加

     c 地区大会への参加

     d 地区大会の開催・運営

     e その他目的達成に必要な事業

  第3章   入会資格及び入会金

第6条  心身ともに健康な小学1年から中学3年までを対象とする。

第7条  本チームへの入会希望者は、チーム所定の入会申込書に必要事項を記入のうえ提出し、
          総監督・監督の承認を得なければならない。


第8条  入会金 10,000円、チーム車購入協力金 10,000円(オール枚方小学部は除く)
          を納入するものとする。

  第4章   会 費

第9条 1 会費は月額、次のとおりとする。

     a 中学部 チーム運営費 17,000円
 

     b 小学部 1〜6年生  13,000円

   2 父母会費の月額は、一家庭に付、次のとおりとする。

     a 中学部        3,000円

     b 小学部        2,000円

第10条 1  会費は、中学部にあっては、各月5日付郵便引落しとする。
             小学部については、各月第1日曜日までに納入するものとする。

       2 やむを得ない事由がある場合を除き、会費を3ヶ月以上滞納した場合は、
          自動的に退部とする。

第5章   役員及び役務

第11条 本チームには、以下の役員を置く。

      a 代表         1名

      b 副代表        1名


        c 監督         1名

      d 父母会長       2名(小学部・中学部各1名) 

        e 婦人部長       1名

      f マネージャー     2名(小学部・中学部各1名)

      g 監査         1名

        h コーチ・他必要役員  数名

第12条 代表は、本チームを代表して会務を統括しまた対外折衝に全責任を負う。

第13条 副代表は、代表を補佐し代表に支障があるときは、その役務を代行する。

第14条 会計は、本チームの財務及び経理を管理・運用する。
     なお、会費の自動払い込み口座管理及びその手続きに係わる一切を担当する。


第15条 監督は、練習及び試合を通じて選手を指導する最高責任者である。

第16条 父母会長は、小・中学部それぞれの父母会を統括・運営する。

第17条 マネージャーは、代表、副代表及び監督と選手とのパイプ役にあたる。

第18条 監査は、財務、経理及び事業の内容を監査する。

第19条 コーチは、監督の指示に従い選手の指導にあたる。

第20条 その他必要な役員は、本チームの円滑な運営にあたる。

第21条 会長、副会長、代表、副代表、会計、監督、マネージャー、父母会長及び婦人部長
     で理事会を構成する。
     ただし、後援会長は、オブザーバーとして理事会に出席することもある。

   第6章   役員の選出

第22条 監督を除く理事会メンバー及び監査は、総会にて決定する。

第23条 監督は、理事会にて選出し代表が任命する。

第24条 その他必要な役員は、理事会にて選出する。

     第7章   役員の任期

第25条 代表の任期は2年とし、再任及び重任を妨げない。

第26条 他の役員の任期は、1年とし再任及び重任を妨げない。

第27条 欠員または増員により役員を補充する必要が生じた場合は、理事会にて選任し、
          その任期は前任者または現任者の残任期間とする。


第28条 本チームの役員としてふさわしくない行為のあった場合、
          または特別な事情が生じた場合には、任期中であっても理事会の決議により
          これを解任することができる。
          ただし、代表の解任は総会の決議を必要とする。

第8章   議決機関

第29条 本チームの議決機関は、総会と理事会である。

第30条 第1項
     総会は、毎年1回必ず開催するものとする。また、必要に応じて臨時に
          代表または2/3以上の保護者の要請により開催することがある。

  第2項 
  総会の議長は、その都度、保護者の互選にて決定する。
   また、総会にあたっては、記録署名人2名を選出する。

第31条 理事会は、必要に応じて開催するものとする。

第32条 総会及び理事会は、それぞれ委任状を含め、
          保護者及び理事会メンバーの2/3以上の出席をもって成立する。

第33条 議案は、出席者の過半数の賛成をもってこれを決する。
          賛否同数の場合は、議長がこれを決する。

      第9章   運営機関

第34条 本チームの運営機関は役員会である。

第35条 役員会は、父母の協力を得てチームの円滑な運営にあたる。

第36条 父母は、極力、チーム運営に協力するものとする。

      第10章  事業及び会計年度

第37条 本チームの事業及び会計年度は、原則として毎年12月1日から翌年11月30日とする。

第38条 事業活動及び会計決算については、総会に報告し承認を得るものとする。

      第11章  表 彰

第39条 次の各項目に該当すると思われる場合は、理事会にて審議のうえ、これを表彰する。

     a 本チームに名誉となる行動をした場合

     b 本チームに誠実で他の部員の模範となった場合

     c 年間を通じて優秀な成績を修めた場合

     d その他上記に類する行いがあった場合

      第12章  退会及び休部

第40条 チームを退会または休部する時は、監督に届け出て承認を得なければならない。

第41条 本会の趣旨に反し、または、チームのルールを乱した場合には、
          理事会にて審議のうえ部員資格を剥奪し退会を命ずることがある。


第42条 第40条に基づき退会した場合であっても、納入済みの会費等は一切返金しない。
          また、会費は、承認を受けた日の属する月分まで納入するものとする。

第43条 第40条に基づき休部した場合は、休部中の期間に限り、
          承認を受けた日の属する月の翌月分以降の会費を第9条で定める額の1/2とする。

第44条 退会した場合、チームからの借用物は速やかに返納するものとする。

      第13章  解 散

第45条 本チームの解散は、総会に議決を必要とする。

第46条 本チームの解散に伴う残余資産・負債は、解散時の保護者で分配する。

      第14章  補 足

第47条 本会則の変更は、総会の議決を必要とする。

第48条 本会則に定めない事項については、日本少年野球連盟の定款を準用する。